MMORPGトリックスターに生息しているいわなと鶴丸の育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな世界

ども。
飲んだ後はリサイクルという緑色のシールを大量に所持しているさかなのいわなです。

今日は、さかなのいわなの個人的な日記です。
どうでもいいよ、そんなことよりさっさとTSにINしてレベルでも上げとけよと思う人は見なくていいかもしれません。
見たい人はドウゾ。
前のブログではぼちぼち書いてましたが、こっちのブログでは初めてだなあ、と思い忠告してみる。
日記の中身はかなりネタです、きっと。
かねてから、日本橋を案内して欲しいととあるオタクさんに言われて、今日案内して来ました。
何回か行ってるそうですが、一人で行くと怖いからついてきてほしいとかなんとか言ってました。
てぃきんだ、こいつ。
確かに、大阪っていたるところで痴漢に遭うような所(電車の中のみならずエスカレータも危ないです、後ろ注意!)なのでいいところではないかもしれませんが、怖いか??
でで、しぶしぶついていきました。
きっと、萌えーだとかいう店まわるんだろうな…とか、覚悟してるんで、何があっても動じませんよと、覚悟は万全。(?)
カードを売っている店で数時間(?)滞在。
暇でした。
最初はぼーっとしていたのですが、30分過ぎたあたりから暇で死にそうになったので適当に店内を物色。
6畳ほどのスペースにカードがたくさんおいてありました。
隣の6畳ほどのスペースはカードバトル?をするところだそうです。
あの6畳のスペースによくあんなにも滞在できるのか不思議で仕方ないのですが;;
絵柄を眺めたり、文章を読んでみたりしてみたのですが、全部違うんですね…
文章を考えた人とか絵を書いた人とかすごい、と思いました。
その後、話題の(すでに話題からは遠のいてますが)メイドカフェに行ってきました。
店に入る前に深呼吸を2回して覚悟を決めて入りましたよ、ホント;;
ヤツは結構な回数行ってるみたいで、働いてるメイドについてとか交換日記だとか、色々詳しかったです。
まあ、メイド服着た人がウエイトレスしている喫茶店という雰囲気のところだったので幾分かは店内に入りやすかったような気がします。
どうせこの1回しか行かないだろうから存分に楽しんでやろうと思い、飯にお絵かきなるものをしてくれるサービス付のものを頼んでみようと思いました。
オムライスとオムそばの2品でした。
オムそば?
オムそば??
オムそば???
ナンデスカソレハ?
とりあえず、オムそばオーダー決定。
シロップとミルクを入れてくれるとかテレビで言ってたのでコーヒーも頼みました。
オムそばって、焼きそばの上に薄く焼いたたまごをのせたものなんですね…
あと、お絵かき?何書いたらいいか聞かれたのですが何でもいいと言ったら困られました。
ので私の名前を書いてくださいと頼んだのですが普通は何を頼むのでしょうか??
メニューを眺めてるとチェキというものが300円でありました。
チェキ?
まだまだ知らないものが世の中にはあるんだなと思い、注文。
インスタントカメラでお気に入りのメイドとツーショットという意味でした。
撮りましたよ写真を、もうこうなったらやけくそですよ。
どんなポーズがいいですか?
はいきたこれ。
どんな選択肢があるんか分からんからww
聞くと、二人の手でハートマークを作ったり、にゃんにゃん??(手をグーにして…ネコのマネ?みたいなジェスチャーしてました??)したr
あ、そのハートでいいっす、なんかもうどうでもいいです。
極上スマイルで撮ってスリーブに入れて財布にしまったという事実はなかったことに(ぇ
そして、交換日記なるものに感想を書いてあげて、小さいメイドに身長を聞いてみたり、トイレに行ってあまりのファンシーさに出てきたり、つかの間の別世界を楽しんできました。
一緒に行った常連と思われるヤツは、交換日記に感想書いたことないし写真も撮ってなんて言えないし、ましてやお話なんてむりだよ!
とか言ってました。
正真正銘てぃきんだこいつww
その後、人形が大量においてある店に行ってきました。
関節がどうこうとか熱く語られたのですがさっぱりでした。
それとそれの何が違うんだ!
と、叫びそうになるのを必死にこらえつつ。

今日は疲れました。
日本橋ってでんでんタウンしか知らなかったのですが、ああいう店もたくさんあるのか、と実感。
これからは日本橋に行ってきたよというときは気をつけないといけないと肝に銘じました。
いわゆる電化製品しか買わないのですが、自分の視野は狭かったのか。
こんなこと書いて、意外な人がメイドカフェネタで思いっきりコメントで食いついてきたらどうしよう。
ス無視するか??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakananoiwana.blog67.fc2.com/tb.php/10-4be4c38d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。